国際免許証

国際免許証

日本の運転免許証では日本国内だけしか運転することができません。
つまりアメリカへ行って渡航先で車を運転しようとして、日本から持っていった運転免許証を提示してもレンタカーを借りることさえできないのです。
海外へ行き自動車を運転するには、国際免許証が必要になります。
国際免許証は各都道府県の公安委員会が発行していて、条約の加盟国の中でそれぞれの国際免許証を認め合っています。
当然アメリカと日本もこの条約加盟国となっています。

 

国際免許証は有効期限が1年と決められています。
渡航先で何度も運転する機会がある人は、有効期限がまだあるかどうかその都度確認した方がいいと思います。
1年以上滞在する場合には、現地で免許を取得するか、日本の運転免許証をその国の発行している免許証に切り替えるかした方がいいと思います。
日本国内の免許証の有効期限が1年未満の場合は、国際免許証を発行してもらうことができませんから注意してください。
この場合は特例措置として免許の更新手続きをすることができるため、国内免許証の更新をしてから国際免許証を取得することになります。
ワクワクメール アカウント 作り直し
国際免許証の申請をするには、警察署の運転免許課、運転免許センターや運転免許試験場へ行ってください。
ただし警察署で申請すると発行まで2週間ほどかかるため期間に余裕を持って申請するようにしてください。
申請の際に必要なものは、運転免許証と縦5cm*横4cmの写真1枚、パスポートなど渡航を証明できるもの、古い国際免許証があればそれも持参してください。